Radio171
ホーム > 大阪10区、前職2人新人2人の激戦に 衆院選公示 経済政策、集団的自衛権など争点に(3)

大阪10区、前職2人新人2人の激戦に 衆院選公示 経済政策、集団的自衛権など争点に(3)

Radio171NEWS 14.12.02

第47回衆議院選挙が2014年12月2日公示され、経済政策や集団的自衛権行使容認などを主な争点とする選挙戦の幕が開かれました。高槻市と島本町を選挙区とする大阪10区には前職2人、新人2人が立候補を届け出ました。14日に投票、開票が行われます。

立候補を届け出たのは、民主前職の辻元清美候補(54歳、比例重複)、維新前職の松浪健太候補(43歳、比例重複)、自民新人の大隈和英候補(45歳、比例重複)、共産新人の浅沼和仁候補(53歳)の各氏です。


大隈和英候補は高槻市役所前で9時すぎから出陣式にのぞみました。
「わたしの政治の原点は怒り。そして何よりも国民の命を守っていくんだという覚悟です。いまわたしたちに必要なことは、何よりもしっかりと日本の景気を良くしていって、経済を立て直すということがすべてに優先される政策、取り組むべき課題なのです。いま、アベノミクスは失敗したのではなく、その富士山でいえば三合目、五合目の途中にあります」
「この10年20年の間、少し権利意識が発展しすぎたところの弊害があり、少しゆとりが生じて国会議員の力に頼らなくても自分たちの底力でやれることはやれる、そのことがパフォーマンスやできもしない政策を並べ立てる名前が売れているだけの政治家を面白半分で選ぶ、ちょっとやってみせようか、そして選んだあとにこんなはずじゃなかった、よそのまちに行って恥ずかしい思いをする、気がついたら、北摂の中で高槻・島本の地位がどんどん低下していこうとしています」
「わたしに力をいただいたら、天下国家のことを語るばかりではなく、12時間は国のため、12時間はわたしたちのまち高槻・島本のために一生懸命お役に立ちたい、仕事をさせていただきたいと思うんです。わたしたちしかできないことを高槻・島本から発信していって、わたしがトップセールスマンをして、日本や世界に高槻・島本を大いにアピールしてまいります。人や物やお金がどんどん流れてくる好循環の波を高槻・島本に持ってきたい、その縁の下からの仕事をさせていただきたいと思うんです」と力説しました。

 

公職選挙法改正により、インターネットを利用した選挙運動が可能となりました。
インターネットで選挙運動を行う場合は、公職選挙法を遵守の上、各サービスをご利用頂きますようお願い申し上げます。
【公職選挙法に基づく情報発信者に関する問い合わせ先】
特定非営利活動法人高槻ブロードキャスト info-m(@)tb171.net (※スパムメール防止のため()を外してください)

  • Facebook
  • Twetter