Radio171
ホーム > Archive for the "”Radio171NEWS" Category

【報道】安倍晋三内閣総理大臣高槻市立寿栄小学校顕花の様子

Radio171NEWS 18.06.22


安倍晋三内閣総理大臣、松井一郎大阪府知事、大隈和英衆議院議員(高槻選出)が、
2018年6月21日午後12時半ごろ、ブロック塀が倒壊し小学生の女の子が亡くなった
高槻市立寿栄小学校にて顕花されました。
事故現場を見て、悲痛な顔をされた安倍総理。そこには高槻市長濱田剛史がおらず、
市長は?(どこ?)の声が収音されている。
終始、内閣府の担当官が準備・事故現場の案内をする姿が、報道ENGカメラにて撮影
されている。
(2018年6月21日NPO高槻ブロードキャスト報道班)

【報道】辻元清美衆議院議員寿栄小学校顕花の様子

Radio171NEWS 18.06.22


辻元清美衆議院議員(高槻市選出)が、ブロック塀が倒壊した寿栄小学校を訪れ顕花。

【報道】茨木市市長選挙「福岡洋一」が、現職をやぶって初当選。(2016年4月10日)

Radio171NEWS 16.04.11

「すべては茨木のため。茨木の良心は守られた。」深々と支持者を前に頭を下げ、当選御礼のあいさつを行った。

「こいのぼりフェスタ1000」4月27日~5月5日開催中

Radio171NEWS 15.04.30

「こいのぼりフェスタ1000」が今年も大阪府高槻市、芥川桜堤公園にて2015年4月27日~5月5日 開催されます。

高槻市長選挙2015 濱田剛史 出陣式

Radio171NEWS 15.04.19


高槻市長選挙 高槻市長濱田剛史2期目にむけての出陣式
(2015年4月19日報道班取材)

【Radio171ニュース】地域創生 NPO法人IVUSA 荒廃茶園再生プロジェクト

Radio171NEWS 15.04.14

近年、少子高齢化や農家の担い手不足等が原因で休耕地が増加しつつあるという問題が
全国各地で起こっています。
休耕地問題を抱える京都府・和束町において、3月28日NPO法人国際ボランティア学生協会
IVUSA 大阪クラブにより行われました「荒廃茶園再生プロジェクト」。
地域振興団体と学生の協働により荒廃茶園を再生させ、さらに今後も増加しないよう
持続的に人が整備を行いに来る仕組み、持続可能な社会貢献モデルを作ることで、
町の問題に取り組むボランティア学生の姿を取材しました。

【衆院選2014】激戦大阪10区 当選の声

Radio171NEWS 14.12.15

第47回衆議院選挙の即日開票が2014年12月15日行われ、
高槻市と島本町を選挙区とする大阪10区では、
民主前職の辻元清美候補(54歳)が小選挙区にて当選。
比例区に重複立候補していた維新前職の松浪健太候補(43歳)と
自民新人の大隈和英候補(45歳)が復活当選を果たした。

【衆院選2014】大阪10区 辻元清美候補 小選挙区当選の挨拶

Radio171NEWS 14.12.15

第47回衆議院選挙の即日開票が2014年12月15日行われ、高槻市と島本町を選挙区とする大阪10区小選挙区では、民主前職の辻元清美候補(54歳)が当選。

衆議院議員選挙大阪10区候補者公開討論会

Radio171NEWS 14.12.08


2014年12月7日(日)高槻現代劇場にて高槻まちづくり株式会社主催により行われました
衆議院議員選挙大阪10区候補者公開討論会を完全ノーカットにてご覧いただけます。
(会場となったホールのワイヤレスマイクが混信の影響により一部分お聞き苦しい箇所がございます。
あらかじめご了承下さい。)

公職選挙法改正により、インターネットを利用した選挙運動が可能となりました。
インターネットで選挙運動を行う場合は、公職選挙法を遵守の上、各サービスをご利用頂きますようお願い申し上げます。
【公職選挙法に基づく情報発信者に関する問い合わせ先】
特定非営利活動法人高槻ブロードキャスト info-m(@)tb171.net (※スパムメール防止のため()を外してください)

大阪10区、前職2人新人2人の激戦に 衆院選公示 経済政策、集団的自衛権など争点に(1)

Radio171NEWS 14.12.02

第47回衆議院選挙が2014年12月2日公示され、経済政策や集団的自衛権行使容認などを主な争点とする選挙戦の幕が開かれました。高槻市と島本町を選挙区とする大阪10区には前職2人、新人2人が立候補を届け出ました。14日に投票、開票が行われます。

立候補を届け出たのは、民主前職の辻元清美候補(54歳、比例重複)、維新前職の松浪健太候補(43歳、比例重複)、自民新人の大隈和英候補(45歳、比例重複)、共産新人の浅沼和仁候補(53歳)の各氏です。

辻元清美候補は阪急高槻市駅前で午前8時半すぎ第一声。
「庶民や地域の安心とゆとりがない限り、大企業や資産家が儲かっても日本は成長しません。安倍政権の経済政策はまったくあべこべ。仕事を作る、暮らしを守る、地に足の着いた経済をこの地域から作っていくことを、わたしはみなさんと実現したいんです。仕事を作る、暮らしを守る、地に足の着いた経済をこの地域から作っていくことを、わたしはみなさんと実現したいんです。19年前、NPO法を作りました。ソーシャルビジネスが広がりNPOで働く人たちは15万人に、経済規模は3200億円になってきています。わたしたちが目指す経済政策は地に足がついて、普通に暮らす人たちの安心とゆとり、じわじわと効いてくる漢方薬のような政策。安倍総理の政策は劇薬です。副作用があちこちに出てきています」
「集団的自衛権の行使は、よその戦争に少しだけ後ろからついていったとしても、相手から見たら敵国の一味になってしまうんです。集団的自衛権は認めた途端に日本国内にテロを呼び込むんです。わたしは大阪や東京のオリンピックをテロの標的にしたくないんです。みなさんを守りたい。いじめや差別がまん延する社会にわたしはしたくないんです。すべての人たちを守りたい。そのために働きたいと思います」
「自民党の圧倒的多数で『勝手に決める政治』になっているじゃないですか。この政治を軌道修正するのが今回の選挙です。その先頭に辻元は立ちたい。立ちます。国会が暴走しそうなときに歯止め役として辻元を国会に送ってほしいんです」と訴え、選挙区へと飛び出しました。

 

公職選挙法改正により、インターネットを利用した選挙運動が可能となりました。
インターネットで選挙運動を行う場合は、公職選挙法を遵守の上、各サービスをご利用頂きますようお願い申し上げます。
【公職選挙法に基づく情報発信者に関する問い合わせ先】
特定非営利活動法人高槻ブロードキャスト info-m(@)tb171.net (※スパムメール防止のため()を外してください)

  • Facebook
  • Twetter