Radio171
ホーム > Archive for the "”映像" Category

高槻市長 濱田剛史 とは、どんな人物なのか?!

報道 18.06.24

「自身が正義」と銘打って2011年4月、高槻市長に初当選した濱田剛史氏は大阪府八尾市出身。
興國高等学校から偏差値40以下と言われる大阪経済法科大学法学部を卒業。
1993年に司法試験に合格。検察官となり弁護士へ。現在2期目。
2018年6月18日に起こった大阪北部地震(高槻市が震源)で、高槻市立寿栄小学校の
ブロック塀が倒壊し、同校に通う小学4年生(9歳)が下敷きになり死亡。
市長「濱田剛史」氏は、地震前2度も現場を視察しており、倒壊したブロック塀を確認していた
ことがわかっている。
司法試験に合格する程の頭脳明晰で、建築基準法も完璧に網羅している元検察官である高槻市長が、
事故現場となったブロック塀を、詳細に視察している。
ブロック塀倒壊以前より地元住民から、危険性を指摘・陳情を受けていながら、何らかの理由で、放置・見逃していた
とも言われている。
今後の動向が注目されている。

(2015年4月19日公示、高槻市長選挙 高槻市長濱田剛史2期目にむけての出陣式にて報道班が取材)

(2011年4月、高槻市長となった濱田剛史選挙戦に密着取材。支持・支援者などこと細かく取材し
取材映像は数百時間に及ぶ。主要部分のみ公開)

【報道】安倍晋三内閣総理大臣高槻市立寿栄小学校顕花の様子

Radio171NEWS 18.06.22


安倍晋三内閣総理大臣、松井一郎大阪府知事、大隈和英衆議院議員(高槻選出)が、
2018年6月21日午後12時半ごろ、ブロック塀が倒壊し小学生の女の子が亡くなった
高槻市立寿栄小学校にて顕花されました。
事故現場を見て、悲痛な顔をされた安倍総理。そこには高槻市長濱田剛史がおらず、
市長は?(どこ?)の声が収音されている。
終始、内閣府の担当官が準備・事故現場の案内をする姿が、報道ENGカメラにて撮影
されている。
(2018年6月21日NPO高槻ブロードキャスト報道班)

【報道】辻元清美衆議院議員寿栄小学校顕花の様子

Radio171NEWS 18.06.22


辻元清美衆議院議員(高槻市選出)が、ブロック塀が倒壊した寿栄小学校を訪れ顕花。

【京都太秦にんじゃTV】5/26ライブ ストリーム(試験放送)

お知らせ 18.06.01

京都太秦に、インターネットTV「京都太秦にんじゃTV」の開設準備が行われています。
(※Radio171ならびにNPO高槻ブロードキャストによる放送技術協力等は、現段階では実施しておりません。
本動画制作には、現在関わっておりませんが、今後技術的支援等を実施する計画です。)

【報道】大阪4大オーケストラの響演 プレス懇談会(第56回大阪国際フェスティバル2018)

お知らせ 17.11.24

11/24(金)大阪・フェスティバルにて行われましたプレス懇談会の模様を生中継致しました!!

「大阪4大オーケストラの響演」、通称「4オケ」は大阪のプロ・オーケストラ4団体が一堂に会する、一日限りのスペシャル・コンサート。楽団を率いる4人の指揮者が登壇するプレス懇談会の模様を生中継。

尾高忠明(大阪フィルハーモニー交響楽団)
藤岡幸夫(関西フィルハーモニー管弦楽団)
飯森範親(日本センチュリー交響楽団)
外山雄三(大阪交響楽団)
各氏の登壇です!!

河田惠昭 関西大学特別任命教授 講演

報道 17.11.05


関西大学社会安全学部社会安全研究センター長・特別任命教授
「人と防災未来センター」(神戸市)のセンター長、河田惠昭氏の講演

「高槻市の水害 ~淀川右岸・大塚切れから100年を迎えて~」と題して
2017年11月5日防災フェアinたかつき(民間主催)での講演

地震に関しては、下記URLからご覧ください。

【情報通信月間】 認知症徘徊とICTに関する特別番組

お知らせ 16.06.07

「認知症徘徊 ICTを活用して地域で見守りを考える」
高齢化社会が急速に進む中、認知症の人を家族だけで見守るには
負担が重く、単身者には見守りも行われず社会問題となっています。GPS端末などを使­用し地域全体で見守りSOSネットワークを構築するための方法を考えます。

【報道】茨木市市長選挙「福岡洋一」が、現職をやぶって初当選。(2016年4月10日)

Radio171NEWS 16.04.11

「すべては茨木のため。茨木の良心は守られた。」深々と支持者を前に頭を下げ、当選御礼のあいさつを行った。

高槻市長選挙2015 濱田剛史 出陣式

Radio171NEWS 15.04.19


高槻市長選挙 高槻市長濱田剛史2期目にむけての出陣式
(2015年4月19日報道班取材)

【Radio171ニュース】地域創生 NPO法人IVUSA 荒廃茶園再生プロジェクト

Radio171NEWS 15.04.14

近年、少子高齢化や農家の担い手不足等が原因で休耕地が増加しつつあるという問題が
全国各地で起こっています。
休耕地問題を抱える京都府・和束町において、3月28日NPO法人国際ボランティア学生協会
IVUSA 大阪クラブにより行われました「荒廃茶園再生プロジェクト」。
地域振興団体と学生の協働により荒廃茶園を再生させ、さらに今後も増加しないよう
持続的に人が整備を行いに来る仕組み、持続可能な社会貢献モデルを作ることで、
町の問題に取り組むボランティア学生の姿を取材しました。

  • Facebook
  • Twetter