Radio171
ホーム > 高槻市長 濱田剛史 とは、どんな人物なのか?!

高槻市長 濱田剛史 とは、どんな人物なのか?!

報道 18.06.24

「自身が正義」と銘打って2011年4月、高槻市長に初当選した濱田剛史氏は大阪府八尾市出身。
興國高等学校から偏差値40以下と言われる大阪経済法科大学法学部を卒業。
1993年に司法試験に合格。検察官となり弁護士へ。現在2期目。
2018年6月18日に起こった大阪北部地震(高槻市が震源)で、高槻市立寿栄小学校の
ブロック塀が倒壊し、同校に通う小学4年生(9歳)が下敷きになり死亡。
市長「濱田剛史」氏は、地震前2度も現場を視察しており、倒壊したブロック塀を確認していた
ことがわかっている。
司法試験に合格する程の頭脳明晰で、建築基準法も完璧に網羅している元検察官である高槻市長が、
事故現場となったブロック塀を、詳細に視察している。
ブロック塀倒壊以前より地元住民から、危険性を指摘・陳情を受けていながら、何らかの理由で、放置・見逃していた
とも言われている。
今後の動向が注目されている。

(2015年4月19日公示、高槻市長選挙 高槻市長濱田剛史2期目にむけての出陣式にて報道班が取材)

(2011年4月、高槻市長となった濱田剛史選挙戦に密着取材。支持・支援者などこと細かく取材し
取材映像は数百時間に及ぶ。主要部分のみ公開)

  • Facebook
  • Twetter