いにしえ物語 第2話

いにしえ物語 第2話前編 高槻城主 和田惟政

この話を聞く

もとは近江国(滋賀県)の土豪だった和田惟政。 一介の在地武士が中央政界に進出するには、やはり大きな転機が必要でした。 その転機は、三好長慶の嫡子、義興が芥川城で亡くなったことから始まります・・・。

1.元は近江の土豪
2.運命の転機
3.義昭の上洛成功
4.戦功で芥川城主に

inisie04

写真は織田信長が芥川城を攻めた際、陣を張った 天神の馬場付近(天神町 上宮天満宮境内の石段下)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です