Cafe Riverside

Cafe Riverside

架空の喫茶店でのお話です。
まだ真新しい、開発地域の町に、古くからの人間関係などは一切無く、毎日毎日期待や不安を胸に秘めて人々が集うそのCafe。これからずっと何年もかけて、その店は味のある、常連の集う、暖かいCafeになってゆくんでしょうね。今はまだ道の途中。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です